地盤調査は個人でも依頼できる?プロに頼むべき理由と注意点を解説

公開日: 2023/07/21
業者

地盤調査は基本的に業者によって行われますが、個人的に地盤調査をしたい場合、依頼を受けてもらえるのでしょうか。そこで本記事では地盤調査が個人で依頼できるかどうかや、プロに依頼すべき理由などを解説します。地盤調査について興味のある方や、個人的に地盤調査を行いたいと考えている方の参考になれば幸いです。

地盤調査は個人でも依頼できる

地盤調査は個人でも依頼できますが、好きなように地盤調査を依頼できるわけではありません。なぜなら地盤調査はハウスメーカーと提携している地盤改良業者が行いますし、地盤調査には建物配置や重量などの情報が不可欠だからです。

そのため地盤調査をしたい場合にはハウスメーカーに依頼し、ハウスメーカーと提携している業者に任せるようにしましょう。

地盤調査のプロへ依頼するべき理由

では次に地盤調査のプロに依頼すべき理由を解説します。地盤調査に複数の規約があるため、プロに依頼することで気兼ねなく住宅を建てることができるでしょう。

建築基準法で義務付けられている

家を買う際、ほとんどの方が不動産やハウスメーカーを利用するでしょう。そんな時に不動産業者からこの辺の土地は地盤が強いからなんていわれると、地盤調査をしなくてもよいのではと考える方もいるでしょう。

しかし地盤調査は建築基準法で義務付けられているため、行わないわけにはいきません。個人で調査したいからというより、地盤調査は家を建てる段階で必ず通る道というわけです。

瑕疵担保保険に加入するときに地盤調査が必要だから

建築基準法で義務付けられているため、プロに依頼すべき理由としてこれ以上のものはないですが、さらに付け加えるとすれば、瑕疵担保保険にも地盤調査が必要という点でしょう。瑕疵担保保険とは新築住宅に瑕疵があったときに、保険金が支払われる保険です。

瑕疵担保保険に加入しておけば、住宅の引き渡しから10年以内の設計・ミスは施工会社が責任を負うことになっているため、修理費用などが安く済みます。住宅の欠陥が起こった時には、多額の費用がかかるため瑕疵担保保険に入るのが一般的で、この保険に加入する条件に「地盤調査」が含まれています。

地盤調査の方法について

ここではプロに依頼すべき理由に加えて、地盤調査の難しさを理解してもらうために、地盤調査の方法をお伝えします。このような調査は個人ではもちろん、地域の方々でも行うことができないため、プロに頼むべき理由がわかるかと思います。

スクリューウェイト貫入試験

戸建て住宅の地盤調査で、最も行われているのが「スクリューウエイト貫入試験」通称SWS試験です。SWS試験では重りをつけたロッドという装置を、地面に真っすぐにねじ込みます。

そのときの回転数から地盤の強さを検討し、算出します。ロッドが簡単に沈んでいけば軟弱地盤、なかなか入っていかないようであれば固い地盤ということがわかります。この試験は荷重がかかりやすい建物の四隅と、建物の中心の合計5ヶ所で行うことが一般的です。

スクリューウエイト試験は簡単かつ低価格で地盤を調査できますが、次に紹介するボーリング試験のように土の詳細を知ることはできません。

ボーリング試験

ボーリング試験は中学校の教科書にも載っているため、知っている方も多いかもしれません。ボーリング試験は地面に円筒状の穴をあけ、深さ1mごとに貫入試験をして、土のサンプルを採取します。この調査をくりかえすことで、掘った部分の土の質と強度を判断することができます。

地盤調査を依頼するときの注意点

次に地盤調査を依頼するときの注意点について解説します。地盤調査の業者を選定する際に必要なポイントを押さえてあるので、確認しておきましょう。

専任技術者の有無

地盤調査を依頼するときは、「地質調査技士」「地盤品質判定士」「住宅地盤技士」などの資格を保有している専任技術者がいる業者を選びましょう。

地質や地盤の品質に精通している技士がいると調査結果にも安心感があるでしょう。

地盤調査報告書の発行の有無

調査報告書の発行は任意ですが、最近は地盤調査を狙った悪徳業者も増えているため、地盤調査報告書が発行できる業者を選ぶようにしましょう。ハウスメーカーにその旨を伝えておけば問題ありません。

地盤の強さの検討

地盤が弱すぎると、地盤改良が必要となり住宅の建築費用に加えて50〜150万円が必要になります。家を建てるときにあまり費用をかけたくないという方は、埋立地や傾斜地を無理やり平面にしたような土地を避けることも大切です。

まとめ

本記事では「地盤調査は個人でも依頼できるか」というお話をしました。この記事の結論としては「個人での依頼は難しい」というのが現状ですが、ハウスメーカーに地盤調査を依頼したい業者を伝えることくらいはできるかもしれません。地盤調査をしたい際にはしっかりとプロに依頼し、丈夫な土地に家が建てられるといいですね。家を建てる際に地盤調査を依頼したいと考えている方は、ハウスメーカーが決まっているならば確実に行われる作業であるため、そこまで心配する必要はないでしょう。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事