地盤調査報告書の基礎知識!結果の見方を解説

公開日: 2023/07/20 最終更新日: 2023/11/28
地盤沈下

住宅を建てる前に必要なことが「地盤調査」です。また地盤調査は建て替えの時でも行う必要があります。理由は、土地の地盤の強度は場所によってすべて異なるからです。もし軟弱地盤に住宅を建ててしまうと、傾いてしまうリスクがあります。では、地盤調査とはどんなものでしょうか。今回は地盤調査の基礎知識について詳しくご紹介します。

東京でおすすめの地盤調査会社

地盤調査の基礎知識

地盤調査とは一体どんな調査なのでしょうか?こちらでは地盤調査の基礎知識について詳しくご紹介します。

地盤調査とは何か?

地盤調査とは、地盤の強弱を調べる調査のことです。一般的に地盤調査は、建物の基礎が造られる前に行われます。

地盤調査は法律で義務付けられている調査

地盤調査は法律で義務付けられている調査です。阪神・淡路大震災後の2000年の建築基準法の改正から義務化されました。そのため土地に建物を建てる時は必ず地盤調査をしなければなりません。次に代表的な地盤調査の方法について、詳しくご紹介します。

スクリューウェイト貫入試験

1つ目はスクリューウェイト貫入試験です。スクリューウェイト貫入試験とは、地中にスクリューウェイト(ねじ込み棒)をねじ込むことで、地盤の強度を調査する試験になります。

現在もっともポピュラーな地盤調査の方法です。スクリューウェイト貫入試験は、2020年10月以前は、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれていました。スクリューウェイト貫入試験は、主に戸建住宅の地盤調査をする時に行われます。

平板載荷試験

2つ目は平板載荷試験です。平板載荷試験とは、地盤に建物の重量相当の荷重をかけて、地盤の強度を調査する試験になります。荷重には現場の重機や敷き鉄板が使われます。

平板載荷試験は、主にプレハブ・簡易的な小屋・道路・擁壁の地盤調査の時に行われます。

ボーリング調査

3つ目はボーリング調査です。ボーリング調査とは、地盤に細い穴をあけて深く掘り、地盤を構成している物質を直接採取して、地質の状態を把握する調査方法です。ボーリング調査は、主に地盤の構成を深く知る必要がある時、マンションなどの大型の建築物の地盤調査をする時に行われます。

地盤調査で調べていること・分かること

地盤調査で調べると、一体どんなことがわかるのでしょうか?こちらでは地盤調査でわかることについて詳しくご紹介します。

地盤の強度がわかる

地盤調査では地盤の強度を知ることが可能です。

地盤調査をすると、調べた地盤がどれくらいの荷重に耐えられるかが算出できます。これにより設計された建物が、そのまま建てられるのか、地盤改良の必要があるのかが決まります。ちなみに地盤調査での地盤の強度は「N値」という、地盤の強度を示す指標で評価されます。

地震の時の揺れがわかる

地盤調査では、地震の時の揺れがわかります。現在は、地盤調査で地盤の強度を調べる時に、地震の時の揺れやすさに関する測定も可能になりました。

そのため建物の荷重に関しては問題がなくても、地震に関して地盤が揺れやすい場合は、地盤改良の必要性が発生することもあります。

地震時に液状化する可能性がわかる

地盤調査では、地震時に液状化する可能性がわかります。液状化とは、地震の時に地面が液体状になる現象のことです。液状化する原因は、地下水位が高く粒子の近い砂からなる地盤や過去に埋め立て地、干拓地、河口だった地盤です。これらの地盤の場合、地盤調査をするとほぼ液状化する可能性が高い数値がでます。

地下水位がわかる

地盤調査をすると地下水位がわかります。地盤調査で、地盤の地下水位が高いと、地盤が軟弱であるという判定がされます。そうなると将来建物が沈下したり、傾いたりするリスクが予想されるので地盤改良が必要です。

自然地盤か人工地盤かがわかる

地盤調査をすると自然地盤か人工地盤かがわかります。自然地盤であれば、そのまま建物を建てても安全です。ところが人工地盤であると、地盤が崩れる可能性があるので、将来建物の沈下や傾きが予想されます。

そのため人工地盤の場合、地盤改良が必要です。人工地盤とは盛土地、改良土地など人の手で造成された地盤のことです。

地盤調査報告書のチェックポイント

地盤を業者から調査してもらうと、調査後に地盤調査報告書が送られてきます。では、地盤調査報告書をみた時には、どんな点をチェックすればよいのでしょうか。こちらでは地盤調査報告書のチェックポイントについて詳しくご紹介します。

地盤調査報告書のチェックポイントとは?

地盤調査報告書のチェックポイントとは「N値」です。すなわち地盤の強度です。地盤調査報告書を読むと、地盤に関するあらゆることがわかります。ただしもっとも重要なのは、地盤の中で建物が建つ場所のN値がどうなっているかです。

建物が建つ場所のN値が、すべて基準をクリアしていないと、建物を建てることはできません。地盤調査報告書をチェックする時には、まず建物が建つ場所のN値がどうなっているのかをチェックしましょう。

東京でおすすめの地盤調査会社

まとめ

今回は地盤調査の基礎知識についてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、地盤調査の基礎知識とは、地盤調査とは地盤の強弱を調べる調査のこと、地盤調査は法律で義務付けられている調査であること、現在もっともポピュラーな地盤調査の方法はスクリューウェイト貫入試験であることなどです。

地盤調査はこれから住宅を建てる方には必須の調査です。非常にわかりにくいので、ぜひ今回の記事を参考にされてみることをおすすめします。本記事が地盤調査の基礎知識について詳しく知りたい方に届けば幸いです。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事