地盤改良工事はなぜ必要?工事が必要なパターンをご紹介!

公開日: 2023/07/20
考える

新しい家を建てたいと考えている方々の中には、地盤改良が必要な土地もあると聞いたことがあるかもしれません。そこで、この記事では地盤改良工事の必要性について解説していきます。記事を最後まで読んでいただければ、地盤改良工事に関する疑問が大いに解消されるでしょう。ぜひご一読ください。

地盤改良工事が必要な理由とは

地盤改良とは、建物を安定して建てるために、強度の弱い土地を人工的に補強することです。しかし、地盤改良を行わずに建物を建築してしまうと、建物が揺れたり傾いたりし、最悪の場合は倒壊する危険性があるのです。

そのため、地盤改良工事を行い、土地全体の均一な強度を確保しなければなりません。同じ敷地内でも、土地の強度は場所によって異なることがほとんどです。建物を建てる土地の強度にバラツキがあると、建物の安定性に問題が生じます。

地盤改良工事は、敷地全体の土地強度を均一化することで、建物の安全な建築を可能にするのです。また、地盤改良工事が必要な理由としては、土地が弱い地盤であるだけでなく、盛り土や埋め立て地である場合、過去に陥没が発生した経緯がある場合、不動沈下や液状化のリスクがある場合もあります。

これらの状況では、地盤の補強が必要となるでしょう。建物を長期間安全に利用するためには、適切な地盤改良工事が欠かせません。建物の安定性と耐久性を確保するために、専門の技術者による地盤調査と適切な工事計画が重要です。

地盤改良工事ではどんな工事がおこなわれる?

地盤改良工事では、土地の強度や性質に応じてさまざまな工法が適用されます。こちらでは、地盤改良工事の主な種類について解説しましょう。

表層改良工法

表層改良工法は、軟弱地盤の上部2メートル程度に対して行われる工法です。セメント系凝固剤と土を混合し、転圧して地表面を固め、地盤の均一化を図ります。この工法は比較的費用が抑えられ、改良範囲が浅いために施工しやすいのが特徴です。

ただし、勾配の急な土地や地下水位が改良面よりも浅い地盤、また地盤下に空洞がある場合などでは施工が困難でしょう。事前の充分な調査が必要です。

柱状改良工法

柱状改良工法は、軟弱地盤の上部2~8メートル程度に対して用いられる工法です。良好な支持地盤まで掘り進め、セメント系凝固剤を地盤に注入して直径約60センチメートルの円柱状の杭を作ります。この工法はシンプルであり、多くの現場で採用されているものです。

ただし、有機質土など特定の地盤では、セメント系凝固剤が充分に固まらず、固化不良を引き起こす可能性があるため、事前の調査が必要です。

鋼管杭工法

鋼管杭工法は、軟弱地盤の上部5~10メートル程度に対して用いられる工法で、小口径の鋼管杭を深い支持地盤まで打ち込んで建物の荷重を支えます。鋼管の先端部に取り付けられた先端翼が鋼管よりも大きな直径をもつため、沈下を防止できるのです。ただし、基本的には支持層が必要であり、慎重な調査が必要になります。

砕石パイル工法

砕石パイル工法は、地盤に穴を掘り、天然素材の砕石を詰め込んで石柱(パイル)を形成する工法です。この工法は、1995年の阪神淡路大震災の際に注目されました。砕石パイル工法を採用した建物は、被害を最小限に抑えることができたのです。

砕石パイル工法は、杭を使用する工法と比べて、強固な地盤を必要とせず、幅広い地盤に適用可能。ただし、砕石を正確に穴に詰め込む作業は技術的に難しいため、施工業者のスキルが重要です。未熟な業者による施工では、軟弱地盤の強度が充分に向上しない可能性があるため、注意しましょう。

地盤改良工事が必要ない土地の見つけ方

地盤改良工事が必要ない安定した土地を見つけることは、工事費用の節約や建物の安心した建設につながります。こちらでは、地盤改良工事が不要な土地を見つけるための方法について解説しましょう。

地盤改良不要の土地を見つけるには地盤調査が必要

対象の土地が地盤改良が必要かどうかを判断するには、地盤調査が必要です。地盤調査は地質調査会社に依頼することが一般的。建築会社、ハウスメーカー、工務店など、建物を建設する会社が建物図面を提供し、地盤調査を依頼します。

調査箇所は、建物が建つ予定地の四隅と中央の計5箇所が基本です。建物の計画によっては、土質調査、液状化判定、土壌汚染調査などの追加調査も必要となる場合があります。個人ではなく建築会社などの専門業者に依頼するのがおすすめです。

地盤調査は土地を購入したあとにするもの

地盤調査は、基本的には土地を購入した後に行われます。土地のオーナー側としては、購入するかどうかも分からない相手に土地の調査を受けることは望ましくありません。購入前に土地を調査したい場合でも、不動産会社の許可が必要となります。

また、建物のプランや間取りが確定していないと、調査の対象箇所や項目が明確にならないため、土地の購入前に地盤調査を行うことは非常にまれです。

ハザードマップや周辺住人を頼って土地を探す

土地の安全性について情報を得る方法として、ハザードマップや周辺住人からの情報を利用することがあります。ハザードマップは防災対策の一環として作成され、液状化リスクなどを事前に把握することができます。

また、気になる土地の周辺住人に地域の安全性や住宅の不具合について聞くこともできるでしょう。ただし、地盤の強度は場所によって大きく異なることがあり、確実な判断をするためには地盤調査が必要です。

まとめ

ここまで、地盤改良の必要性、工事の種類、地盤改良が不要な土地の見つけ方について説明しました。地盤改良は、弱い土地に建物を安定して建てるための人工的な補強工事であり、複数の工法が存在するのです。工法の選択は土地の強度や性質によって異なります。

地盤改良が不要な土地を見つけるには、地盤調査が必要です。しかし、購入前に調査するのは難しいため、住宅建設費用に地盤調査費用を含めて見積もりましょう。疑問がある場合は、事前に地盤改良工事についての知識をもち、さまざまな土地を実際に見学することが大切です。

安心して暮らすために、多くの土地を見て、経験を積むことをおすすめします。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事