シマ地質株式会社

公開日: 2023/11/15
シマ地質株式会社の画像

シマ地質株式会社は、1986年に東京都立川市に設立された専門性の高い、地質調査のスペシャリスト集団です。社員数は15名の少数精鋭で、土壌調査や井戸工事、戸建住宅調査にも従事しています。本記事ではシマ地質株式会社の特徴を詳しく解説いたします。ぜひ最後まで読んでください。

地盤調査における各種ボーリング調査の専門家

シマ地質株式会社は地盤調査のプロフェッショナル集団で、さまざまな機材を所有し、あらゆる調査を行っています。

地盤調査とは

地盤調査とは、これから建物を建てる土地の状態を確認することで、その地盤が耐えうる重さや沈下に抵抗出来るか否かを調べることを指しています。

・地盤の強さ

・切土か盛土か

・地下数位や液状化の可能性

などを総合的に判断し、地盤が軟弱な場合は建物建築後に重さに耐えられない可能性があるため、地盤改良が必要になります。この際に使用される調査方法でもっとも有効なのがボーリング調査で、詳しくは以下の項目で解説します。

ボーリング調査の種類

ボーリングとは「くりぬく」と言う意味をもっており、ボーリング調査の正式名称はボーリング・標準貫入試験です。そのほかには、正式・孔内載荷試験、現場透水試験、揚水試験など多数存在します。

ボーリング調査とは地質調査で有効な手法で、地面に孔を掘り、地盤の状態や地層境界の深度の計測を行うことを指し、シマ地質株式会社が得意とする調査でもあります。

シマ地質株式会社は地盤調査に自信あり

シマ地質株式会社では地盤調査、土壌調査、井戸工事、戸建住宅調査、などの幅広い調査が可能で、地盤調査に必要な機材も多数所有しています。

ボーリングマシンでは、YBMが誇るベストセラーのボーリングマシンYBM05DAー2をはじめ、山岳地帯や狭い市街地などにも適した小型軽量マシンのTOHO製DM-3も。これにより、大きな地盤調査から、極小地帯のような小さな調査まで対応可能です。

スウェーデン式サウンディング試験で地盤を調査

スウェーデン式サウンディング試験とは、地盤の強度を確認するための簡易調査法のひとつ

です。この項目では、スウェーデン式サウンディング試験を具体的に説明していきます。

スウェーデン式サウンディング試験で何がわかる

地盤調査は重量のある建物を建てる土地に対して必要な検査です。スウェーデン式サウンディング試験は、荷重と回転による貫入を併用した原位置試験で、土の静的な貫入抵抗を測定するもの。その結果、土の締り具合や地層構成を確認することが可能になります。

特徴としては狭い土地や傾斜のある土地での調査が可能という点です。スウェーデン式サウンディング試験の結果、求められた数値のことをN値といい、N値とはボーリング調査(標準貫入試験)により求められた土の硬軟や締まり具合を示す指標です。

スウェーデン式サウンディング試験のメリット・デメリット

ここではスウェーデン式サウンディング試験のメリット・デメリットについて解説いたします。まずメリットですが費用は、ボーリング調査に比べ安価であるという点です。ボーリング調査の相場が20万〜30万円に対して、スウェーデン式サウンディング試験では5万〜10万円が相場となっています。狭い場所や傾斜のある場所でも調査が可能で、かかる時間も短いなども特徴的です。

さらに調査ポイントが多く、地盤の変化に対応することができます。デメリットは硬い地盤の調査は、不得意で軟弱地盤が対象の調査方法です。計測深度が10〜15m程度で深部までの調査は不可能です。その際、摩擦抵抗の影響でデーターの信頼性が低くなる可能性も存在します。

小型のボーリングマシンを使い、井戸工事が可能

近年、防災用の井戸設置や既存井戸の再利用整備など、家庭用井戸に対する需要が増加傾向にあります。シマ地質株式会社では小型ボーリングマシンを使用することで、大きな掘削機械では不可能な工事でも、現場の下見や協議をしっかり行うことで対応が可能です。

新規での井戸掘削工事では小型ボーリングマシンを使用し、100m程度の深さまで掘り進めます。井戸掘削後には、電気地層を行い地下水のある深度や、地下水をくみ上げる位置を正確に判断し設置します。

さらには、各項目での水質検査も実施し、生活用水として利用できるかの判断や提案も可能です。既存井戸の整備工事では、現場の調査を行うことで、現在の状況を加味して、再利用が可能かの提案をいたします。

その際、井戸の深さや地下水位、水量などを把握することで、既存井戸に最適な提案が可能となります。家庭井戸に対するお悩みでしたら、一度シマ地質株式会社に相談してみてはいかがでしょう。

まとめ

本記事で地盤調査のプロフェッショナル集団である、シマ地質株式会社について深堀してきました。地盤調査がどのような調査で、なんのために行うのか理解できたのではないでしょうか。地盤調査や地質調査は、建築前の土地を確認するためのもので絶対必要な調査です。土地や井戸などの悩みや疑問があるなら、ぜひシマ地質株式会社に依頼してみてはいかがでしょうか。

シマ地質株式会社の基本情報

会社名シマ地質株式会社
住所〒190-0001 東京都立川市若葉町3-35-2
電話番号042-535-5521

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事