地盤調査と地質調査の違いとは?それぞれの目的と内容を比較!

公開日: 2023/07/20 最終更新日: 2023/11/28
比較

地盤調査や地質調査という言葉を聞いたことがあるでしょうか。言葉は知っていても具体的な内容や目的を理解していない方も多いでしょう。この記事では、地盤調査と地質調査のそれぞれの目的と内容を詳しく紹介します。また、地盤調査の具体的な調査方法も紹介しますので、参考にしてください。

東京でおすすめの地盤調査会社

地盤調査の目的と内容

地盤調査とは、建物を建てる前に地盤がどの程度の重さに耐えられ、沈下に抵抗する地耐力をもっているかどうかを調査することです。軟弱な地盤で建物の重さに耐えられないと、建物は沈下してしまいます。

地盤調査では、建物が沈下しないかどうか判断でき、もし沈下の恐れがある場合は適切な対策を行うことになるのです。建築基準法が改正されたことにより、建物を建てる際に地耐力を調べることが法律で定められています。ここからは、地盤調査の目的をさらに詳しく見ていきましょう。

地盤構成の把握

建物を建てる土地がどのような地盤構成となっているのかを把握します。人為的に作った土地なのか、自然形成の土地なのかを調査。また、地盤全体の強度の高低を調査し、強度が強いのか、強度が低い地盤なのかどうかを把握することが目的です。

地盤支持力の把握

住宅を建てる際には、地盤支持力を把握することが重要です。地盤の強度と支持力にはそれぞれに指標があり、強度は低いが支持力は高いという地盤も存在します。地盤支持力は、基礎設計に直接的に影響を与えるので、家づくりに必要不可欠な情報となるのです。

土質の把握

土質は、地盤の強度や支持力に大きな影響を与えるのです。同じ土でも、粒子の大きさや混ざり具合、粒子の締まり具合によって土質は異なります。

また、どのような種類の土や砂がどんな形で層を形成しているかを調査し、強度や支持力、変形があるかどうかを見極めるのです。

地質調査の目的と内容

学術的な目的や、資源調査等産業関連のために、地下構造を解明するために行われる調査のことを地質調査といいます。

見えない地下の地質や土質、地下水などを知ることが目的です。地質調査をする3つの目的を紹介します。

学術分野の目的

学術分野では、地球の地質や地層を調査し、地震活動や環境変化を予測することが目的です。活断層を調べ、地震を予測する地質調査が学術分野となります。地震の多い日本では重要な調査といえるでしょう。

資源開発の目的

資源開発分野では、原油・石炭・地熱・鉱物などの地下資源を掘り起こすためや、利用するための調査です。しかし以前は、地下資源を採掘するための調査でしたが、現在はあまり行われていません。現在では、頻度は低いですが、地熱発電のために調査が行われています。

建設事業の目的

建設事業を目的とした地質調査も行われています。地質調査全体の割合としては、建設事業が9割を占めています。

建設基準法によって義務づけられているため、地質調査の中の地盤調査は必ず実施しなくてはいけないのです。建設事業の地質調査は、地盤の強度や支持力、倒壊の危険度を調べる地盤調査が増えています。

地盤調査の調査方法

実際に地盤調査はどのように行われるのでしょうか。3つの調査方法を紹介します。

ボーリング調査

一般的な調査方法は、大規模な建築物で行われるボーリング調査です。地盤の支持力の算出に必要なN値、砂質土や粘土などの土質、地層の個性、地下水位の調査といったサンプリングが可能。

ボーリング調査は、約5m四方の面積が必要となり、高さ5mのやぐらを組む必要があります。そのため、建物がある状態では調査ができず、解体後に行うことになるでしょう。作業は、1日から数日かかる大がかりな調査となります。

SWS試験

住宅の地盤調査で用いられる調査方法で、N値に相応する換算N値を算出するものです。調査機には、手動式・半自動式・全自動式があります。全自動式であれば、1ポイントあたり30分程度で実施することが可能です。

敷地全体の様子を知ることが可能で、費用も比較的リーズナブル。ただし、簡易調査となるので、熟練の技術者による調査から総合的に判断する必要があります。

平版載荷試験

建物の重要に合う荷重を直接地盤にかけ、沈下量を測定し支持力を判定します。信頼性の高い調査方法なので、路盤や路床などを建てる際に最適です。また、擁壁下部の調査にも用いられます。

基礎直下の地盤の支持力や反力係数、沈下量などを確認することが可能です。調査方法としては、水平に整地した地盤に載荷版を設置し、載荷装置にはジャッキ・支柱・変位計を設置します。反力荷重として現場の重機や敷鉄版を使用することが一般的です。

東京でおすすめの地盤調査会社

まとめ

ここまで、地盤調査と地質調査のそれぞれの目的や内容を紹介しました。地盤調査や地質調査の内容や調査方法を理解している人は少ないでしょう。しかし、地盤調査の必要性や地盤調査の内容を理解しておくことは重要です。

いずれも安全な建物を建てるために必要な工程となります。建物を建てる前に必ず行うものとしてしっかり覚えておきましょう。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事