要注意!適切じゃない地盤改良工事に起こるトラブル

公開日: 2023/07/20
ばつ

家を建てる際に、地盤改良工事が行われる場合があります。しかし、地盤改良工事の重要性について理解している方は、少ないのではないでしょうか。この記事では、地盤改良工事を行う理由やよくあるトラブルなどを紹介します。実際に工事を依頼する際の注意点についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

地盤改良工事の適切さの重要性

地盤改良工事とは、構造物が建築される地域の土壌の質や強度を改善するためのプロセスです。地盤調査の結果、予定地が建物の重量を支えられないと判断された場合、地盤改良工事が必要となります。地盤が弱いと陥没や、液状化や不同沈下を引き起こす可能性が高いです。

建物が傾いたり、基礎や壁にひび割れが生じたり、ドアや窓の歪みによる開閉の困難なども考えられ、建物の傾斜は人々の体調不良を引き起こす可能性もあります。また、地盤の弱さは単なる不便だけでなく、財産価値の著しい低下や、自然災害に対する脆弱性をもたらします。

以上のようなリスクを回避するために地盤改良工事が必要で、安全で快適な生活を実現するため、地盤改良工事は重要です。

地盤改良工事でよくあるトラブル

地盤改良工事には、適切な施工が不可欠です。しかし、専門知識が不十分な場合、それが不適切な工事へとつながり、結果として多様な問題を引き起こすことがあります。ここでは、よくあるトラブルを4つ紹介します。

軟弱層の厚さが異なる

軟弱層とは、建築物を適切に支持せず、結果として建物が沈下する可能性のある地盤の一種です。河川や水田の旧跡地、埋立地、人工的に掘ったり積み上げたりした土地などが典型的な例です。

これらの地盤は、地震の際に揺れやすく、さらに不均等な沈下を引き起こす可能性があります。そのため、これらの地盤に建設を行う際には特に注意が必要となります。とくに問題となるのが、地盤の傾斜と軟弱層の分布です。

この傾斜は地盤調査を行わなければ明らかにならず、その上に軟弱層が存在する場合、結果として不適切な工事につながることがあります。

腐葉土がある地盤

とくに農耕地や、栄養豊富な土壌の上に建築物を建てる場合に起こり得る問題で、地盤改良工事の際の大きな障害となり得ます。軟弱地盤に建築物を建てる際の一般的な対策としては、セメントを流し込んで地盤を強化する、または支持杭を設けるという方法があります。

しかし、この方法が有効であるのは、土壌とセメントの相性が良い場合のみです。実際には、腐葉土や栄養が豊富な土壌が存在する場所では、セメントとの相性が良くないことが多く、セメントを用いた地盤改良工事が、適切に機能しない場合があります。

施工された杭が十分に支持層に到達していない

通常、地盤改良工事では、建物を確実に支えられるほどの強度を持つ支持層まで杭を打ち込みます。地盤の強化を目指すもので、建物の安全性を確保するために不可欠です。

しかし実際の地盤は、その地形や地質により複雑な起伏や傾斜を持っており、地盤改良工事は難しくなります。軟弱層に起伏があったり、支持層が傾斜していたりすると、同じ長さの杭を打ち込んでも、杭が必ずしも支持層に適切に到達しているとは限らないのです。

杭が支持層に適切に到達していない部分では支持力が弱まり、結果的に建物の沈下を引き起こす可能性が高まります。

ランダムな硬さの地盤が引き起こす摩擦力の差

地盤改良工事では杭を打ち込みますが、杭と土壌が接触する部分では摩擦力が発生します。摩擦力は建築物を支える一方、建物の沈下量を平均化する役割も果たします。しかし、地質が均一でない場合、摩擦力も異なるため、ランダムな硬さの地盤では支持力に大きな差が生じる可能性が高いです。

とくに軟弱層が傾いている場合、深い部分での支持力は弱く、浅い部分では強くなり、建築物の安定性が損なわれます。

地盤改良工事を依頼するときの注意点

地盤改良工事は、新たに建築物を建てる際に地盤の安定性を確保するために必要不可欠な工程です。しかし、専門知識が求められるこの工事を依頼する際には、以下の3つの要点を念頭に置くことで、スムーズかつ安全な施工を期待できます。

工事内容の理解

依頼する地盤改良工事の内容を、施工会社から詳細に説明を受け、確実に理解することが重要です。専門家である彼らからの説明を通じて、自身でも工事の全過程を把握することで、トラブルを未然に防ぐことが可能になります。

地盤改良工事報告書の発行

工事完了後、施工会社から地盤改良工事報告書を必ず発行してもらうようにしましょう。これにより、工事の詳細な内容と結果が明確になり、後々のトラブルを防げます。

残土処理費用の明確化

地盤改良工事によって発生する残土の処理に関する費用については、事前に明確にしておくことが必要です。基本的に残土処理は施工会社に依頼するのが一般的で、費用は施主が負担します。しかし、費用面で解体専門会社に依頼したい場合もあるでしょう。

その際には、どの程度の残土処理が必要かを施工会社と確認し、解体業者に依頼すると、トラブルを避けられます。

まとめ

地盤改良工事は、建物の安全性を確保するために重要です。しかし、地盤の弱さや軟弱層の分布の誤判定、施工された杭が支持層に到達していない、または軟弱な地盤と良好な地盤の摩擦力の差が不適切な工事につながる可能性があります。これらの問題は建物の沈下や傾斜を引き起こす可能性があり、危険です。適切な地盤改良工事を行うためには、工事内容を理解し、工事後に報告書を発行してもらうことが重要です。また、残土処理費用については事前に明確にすることが必要となります。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事