地盤調査の結果が悪い場合は地盤改良工事が必要?

公開日: 2023/07/20 最終更新日: 2023/11/28
疑問

土地に建物を建てる時には、地盤調査が行われます。すると地盤調査の結果が良い場合と悪い場合が発生します。良い場合は、そのまま建物を建てることが可能です。ところが悪い場合もあります。では、地盤調査の結果が悪い場合はどうすればよいのでしょうか。今回は、地盤改良工事が必要なケースについて詳しくご紹介します。

東京でおすすめの地盤調査会社

地盤改良工事が必要なケースとは?

地盤改良工事が必要なケースとはどんな時なのでしょうか?こちらでは地盤改良工事が必要なケースについて詳しくご紹介します。

地盤の強度が低いと調査結果がでたケース

1つ目は、地盤の強度が低いと調査結果がでたケースです。地盤調査のスクリューウェイト貫入試験を行った時に、N値が基準値を超えなかった時には地盤改良工事が必要になります。

N値とは、地盤の強度を判定する数値のことです。例えば戸建て住宅を建てる場合、スクリューウェイト貫入試験で土質が粘性土でN値が3以上、砂質土でN値が5以上あればそのまま住宅を建てられます。逆に粘性土でN値が3未満、砂質土でN値が5未満であれば、地盤改良工事を行わなければなりません。

埋め立て地だったと調査結果がでたケース

2つ目は、埋め立て地だったと調査結果がでたケースです。地盤調査のボーリング標準貫入試験を行うと、地盤の土を採取できるので、土質の確認をすることが可能です。地盤調査をすると、もともと河川・湖沼・池があった土地を埋め立て地にしていることもわかります。

もともと河川・湖沼・池だったところを埋め立て地にしていると、地盤が崩れてきたり、地震の時に液状化のリスクがあります。そうなると地盤改良工事を行わなければなりません。

盛土地であると調査結果がでたケース

3つ目は、盛土地であると調査結果がでたケースです。地盤調査のボーリング標準貫入試験を行うと、地盤の土質がわかります。すると現在の地盤が自然地盤でなく、盛土地のような人工地盤であることも診断することが可能です。

もし地盤が盛土地であると、住宅を建てた後に地盤が崩れたり、住宅の沈下や傾きが起こることが予想されます。

そうなると地盤改良工事を行う必要があります。このように地盤調査は、地盤の強度や地盤の履歴を診断することが可能です。そのため住宅の住人の安全や資産を、地盤の面から守ってくれます。

地盤改良工事を行うメリット・デメリット

地盤改良工事を行うと、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

メリット① 建物の安全性を向上させる

メリットの1つ目は、建物の安全性を向上させることができることです。

地盤改良工事を行うと、それまで軟弱だった地盤が強化されます。強化された地盤の上に建物を建てることから、建物の安全性が向上し、住人は安心して暮らすことができます。また大型の地震がきた時も住人を守ってくれることでしょう。

メリット➁ 地盤沈下や地盤の傾きを抑止できる

メリットの2つ目は、地盤沈下や地盤の傾きを抑止できることです。もし地盤調査の結果、地盤の強度が低かったり、盛土であることがわかった場合、将来的に地盤沈下や地盤の傾きのリスクがあります。

そうなると危険です。一度地盤沈下や地盤の傾きが発生すると止まることがありません。建物にヒビが入ったり、最悪引きちぎれてしまうこともあります。

デメリット①  費用がかかる

デメリットの1つ目は費用がかかることです。地盤改良工事には、さまざまな工法があります。それぞれの工法は価格が異なります。表層改良工法は坪1〜2万円程度、柱状改良工法は坪2〜3万円程度、鋼管杭工法は坪4〜6万円程度です。

状況が悪い場合には、杭の長さ、太さ、本数が増えるのでさらに費用がかかることが予想されます

デメリット➁ 当初の予定より完成が延びる

デメリットの2つ目は、当初の予定より完成が延びることです。地盤調査の結果、地盤改良工事が不要であれば、建物は当初の予定通り完成します。

ところが地盤改良工事が必要になった場合は、当初の予定より完成が延びます。そのため入居以降の予定がすべてずれてしまうので、スケジュール調整が必要です。

地盤改良工事を行う際の注意点

地盤改良工事を行う際には、どんな点に注意すればよいのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

別の業者にも調査・見積りをしてもらう

地盤改良工事を行う際には、別の業者にも調査・見積りをしてもらいましょう。もし1社しか地盤改良工事の調査・見積りをやってもらっていないと、本当に正確かどうかがわかりません。ちょっとでも疑問がある場合には、すぐには地盤改良工事をしないようにしましょう。

一度、別の業者に調査してもらったり、見積りをしてもらいましょう。そうすることで地盤改良工事を選ぶ選択肢が増えます。本当に最適な地盤改良工事が何かがわかるので失敗する確率が下がります。

東京でおすすめの地盤調査会社

まとめ

今回は、地盤改良工事が必要なケースについてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、地盤改良工事が必要なケースとは地盤の強度が低いと調査結果がでたケース、埋め立て地だったと調査結果がでたケース、盛土地であると調査結果がでたケースなどです。

地盤はパッと見ただけではわかりません。どんなにきれいに整備されている土地であっても軟弱地、埋め立て地、盛土地のケースもあります。十分注意してください。本記事が地盤改良工事が必要なケースについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事