地盤調査の結果が悪い…地盤改良にかかる費用相場はどのくらい?

公開日: 2023/07/20
費用

住宅を建設する前に行われる「地盤調査」は、住まいの安全性を確保するために非常に重要です。しかし、地盤調査の結果が悪かった場合、追加の工事が必要となり、思わぬ追加費用が発生する可能性があります。そこでこの記事では、地盤調査の結果が悪かった場合の対処方法や追加工事の相場などについて詳しく解説しましょう。

地盤調査結果が悪かったらどうすればよい?

地盤調査結果が悪かった場合、以下の対策を検討することが重要です。

専門家と相談する

地盤調査の結果が悪かった場合、まずはハウスメーカーや地盤調査会社の専門家と相談しましょう。彼らは地盤改良工事に関する知識と経験を持っており、最適な対策方法を提案してくれます。

地盤改良工事を検討する

地盤が軟弱であることが判明した場合、地盤改良工事の実施が必要です。具体的な工法は地盤の状況や建物の要件に基づいて選定されます。表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭工法などが一般的です。

追加費用を考慮する

地盤改良工事や埋設物の撤去には追加費用がかかる場合があります。これらの費用を見越してマイホームの計画を立てることが重要です。予算の見直しや頭金の調整など、追加費用をカバーするための対策を検討しましょう。

プラン変更の難しさを考慮する

地盤調査は施工が開始する直前に行われ、プランの変更が困難な状況です。予算いっぱいで計画を進めると、追加費用が発生した場合に対応が難しくなる可能性があります。慎重に計画を立て、予備の予算を確保することが重要です。

安全性とリスクに注意する

軟弱な地盤のまま建物を建てると、建物に損傷や傾きのリスクが生じます。

窓やドアの動作不良や外壁のひび割れなど、さまざまな問題が発生する可能性があるのです。地盤調査の重要性を理解し、安全な住まいを確保するために地盤改良工事を適切に実施しましょう。

地盤調査結果が悪い場合の地盤改良にかかる費用相場

地盤調査結果が悪い場合の地盤改良にかかる費用相場は次の通りです。ただし、これは一般的な目安であり、実際の費用は建物の大きさや地盤の状況、建物の要件などによって異なることを念頭に置いてください。

表層改良工法

約50万円程度が費用相場です。工期は約1~2日で比較的簡単かつ安価な工事です。

柱状改良工法

約100万円が追加費用の相場です。地盤に柱を注入し、柱によって家を支える方法です。深さ4メートルの柱をおよそ50本注入する場合の費用相場となります。工期は3日~1週間でやや手間のかかる工事です。

杭打ち(鋼管杭工法)

約100万円~200万円程度が費用相場です。杭の種類や本数によって費用が異なります。一般的には最も費用が高く、工期も長めです。

地盤改良工事の方法は大きく分けて3つ

地盤改良工事の方法は大きく3つに分けられます。地盤の強度が低い場合、地盤改良工事が必要となりますが、最適な工法の選択は状況によって異なるのです。

通常、地盤調査会社やハウスメーカーは安全性を考慮して最適な方法を提案してくれますので、費用だけで選択することはできません。以下が主な地盤改良工事の方法です。

表層改良工法

この工法は、浅い軟弱な地盤の改良に適しています。施工が比較的簡単で工期も短く、費用も比較的安価です。ただし、勾配の強い地盤や浅い層以外の軟弱地盤には適用できず、限定的な使用範囲があります。

柱状改良工法

この工法では、セメント系の固化剤を地盤に注入し、直径60cmほどのコンクリートの柱を作ります。

柱によって家を支えるため、強固な地盤がなくても安定性を確保できるのです。費用も比較的抑えられますが、施工範囲は地表から2〜8m以内の補強に限られ、現状復帰が難しい場合や杭が地中に残る可能性があるなどのデメリットがあります。

鋼管杭工法

この工法は、大型建物向けに開発されたものを戸建住宅に応用したものです。鉄鋼の杭を地中に打ち込んで地盤を強化します。現状復帰が可能で工期も比較的短いのが特長ですが、費用が高く、大型重機の搬入が必要となるため、狭い敷地や工事中の振動や騒音には注意が必要です。

工法の選び方

地盤改良工事の方法の選択は、地盤調査会社やハウスメーカーの専門家との相談を通じて行うべきです。安全性や建物の要件を考慮し、状況に応じて最適な工法を選ぶ必要があります。地盤改良工事は、安全な住まいを築く上で欠かせない要素です。

まとめ

地盤調査は、安全で安心な住まいを建てる上で不可欠な調査です。調査結果が悪い場合、地盤改良工事が必要となります。地盤改良には「表層改良工法」「柱状改良工法」「鋼管杭工法」の3つの方法があり、それぞれ費用相場や適応できる地盤の状態が異なるのです。工法の選択は調査結果に基づき専門家によって決定されますので、自由に選ぶことはできません。しかし、軟弱地盤であることが判明した場合、工法の内容や費用相場を事前に把握しておくことは安心の一助となるでしょう。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事