土地購入前に地盤調査はできる?調査を依頼するメリットとは

公開日: 2023/07/21 最終更新日: 2023/11/28
相談

地盤調査という言葉を聞いたことがある方は多いかと思いますが、具体的にどのようなことを行うのか知っていますか?土地を買って家を建てようと思っている方に関係してきます。なぜ行うのか、どのようなことをするのか、また、土地を買う前にどのようなことを調査できるのかといったことについて解説します。

東京でおすすめの地盤調査会社

土地購入前に地盤調査は可能?

家を建てる場合、土地の強度や安全性が気になるところです。しかし、土地が自分のものでない場合、地盤調査はできるのでしょうか?

そもそも地盤調査とは?

まずは地盤調査がどのようなものか解説します。土地の地盤を調査することで、その土地に、安全に建物を建てられるかどうかを判断するのに行われる調査のことを指します。

地盤が弱いとせっかく家を建てても地盤沈下してしまう、家が傾く、家がゆがむ、酷いと家が倒壊してしまうといった危険性があるでしょう。

地盤の地盤の強さを確認し、家を建てるのに十分な強度がない場合は、地盤の改良工事を行い、建物を建てても安全な強度にします。

土地を購入前に地盤調査してもらうことはできるのか?

購入済の土地であれば、自分に土地の権利があるため地盤調査を行うことができますが、購入前に調査を行って、地盤の強度を確かめたい場合はどうすればよいのでしょう?

とくに購入前に調査を行ってはいけないという法律上のルールはないため、事前に調査をしたい場合は、土地の売主、不動産会社が調査してもよいと許可が出た場合には可能になっています。売主から拒否されてしまえば、こちらの意思では調査を進めることはできません。

土地を買う前に許可があれば調査はできますが、地盤調査はどの場所に何を建てるかといったことをふまえて調査を行うため、具体的な家の間取りや位置などが決まっていないと、調べる内容が決まらないという問題もあります。

土地を購入する前に地盤調査を依頼するメリット

売主や不動産会社から調査を行ってもよいという許可が出た場合、自費で業者に依頼することになるでしょう。土地を買う前に地盤調査を行うメリットについて解説します。

リスクの高い土地かしっかり確かめられる

地盤調査をしなくても、ハザードマップ、以前にその土地が何に使用されていたか、近隣の地盤データをもらうなどで、ある程度その地域や土地の地盤の強さを推測できます。しかし、購入前に調査を行うことで、リスクが高い場所だと判明した場合、その土地の購入をやめることもできるでしょう。

地盤調査は自費になりますが、安全を重視した土地選びがしたい方にとって、土地を購入するかどうか決める材料になる点がメリットです。

地盤改良工事にどれくらい費用がかかるか事前に確かめられる

地盤調査、地盤改良工事は基本的に売主ではなく、土地を新しく買う買主が費用負担することが多くなっています。そのため、その土地を買う意思が固いのであれば土地購入前に調査を行っても、トータルでかかる費用はとくに変わらないでしょう。

ただし事前に地盤調査をしてみて、高額な地盤改良工事が必要だと判明した場合、その土地の購入をやめるという判断もできます。また地盤改良工事にかかる費用を事前に知ることで、家を建てる費用の計算がしやすくなるというメリットが考えられるでしょう。

土地購入前に行う地盤調査にかかる費用

地盤調査にはいったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?どれくらいの費用がかかるのか知っておくことで、家づくりの予算を建てやすくなります。

地盤調査にかかる費用

地盤調査自体にかかる費用は5万円から10万円ほどです。それくらいだったら安全のために費用を出してもよいなと感じるかもしれません。もし改良工事が必要だと判断された場合は、ここからある程度費用が高額になることになります。

気に入った土地だから高額な改良工事費用を払って家を建てるのか、リスクも費用もかさむのでほかの土地を探すのかを決める必要があります。

地盤改良工事とは

表面の弱いところと下の方の強い地層を一体化させる、杭を打つなどといった工事を行います。百万円くらいから工事ができますが、深い部分が弱い、弱い部分が広範囲にわたるなどの場合は改良工事だけで数百万円かかる場合もあります。

しかし、日本は地震が多いため、以前にその土地に家が建っていたとしても地盤に変化がある可能性もあります。もしも大きな地震がきて地盤沈下を起こしてしまったら、家が傾いたり変形したりしてしまうかもしれません。大事な家に長く住みたいのであれば、適切な改良工事をしておくのが大切です。

東京でおすすめの地盤調査会社

まとめ

地盤調査では、その土地の安全性を確認し建物を建てても問題ないか確認します。買主が土地を買った後に行うのが一般的ですが、売主、不動産会社から許可が出れば土地を買う前に調査を行うことも可能です。

しかし、地盤調査はある程度家の間取りや大きさが分からないと詳しい調査は難しいこともあります。そのため、ハザードマップや昔の地図などを自分で調べるなどして、多方面から土地が安全かどうかチェックしましょう。

調査を行った結果、問題が見つかれば改良工事を行う必要があります。地盤の状態によっては高額な改良工事費がかかることも念頭において、家を建てる費用の予算を建てておくとよいでしょう。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事