地盤調査はいつからできる?土地契約の前でも可能?

公開日: 2023/07/20 最終更新日: 2023/11/28
時間

地盤調査を希望される方々は、「地盤調査はいつからできるのか?」や「土地契約の前でも地盤調査は可能なのか?」という疑問を抱いているでしょう。実際に、多くの方々が地盤の状態を早急に把握したいと考えています。この記事では、地盤調査を行う適切な時期や地盤調査にかかる時間、結果が得られるまでの期間についてご紹介しましょう。

東京でおすすめの地盤調査会社

地盤調査ができるタイミング

建物を建てる際には、必ず地盤の状態を調査します。地盤は地面の平らな表面ですが、その下には複数の地層が積み重なっているのです。このため、建物を建てる前に土地の地盤に問題がないかを確認するために、地盤調査が行われます。

住宅の重量は間取りによって異なるため、建物の計画が決まった時点で地盤調査を行うことが基本です。

土地の購入後

一般的には、土地の購入後に地盤調査が行われることが多いです。ただし、土地を契約する前でも地盤調査が可能な場合もあります。土地の所有者である売主が地盤調査報告書を保管している場合は、確認できるでしょう。

また、土地の所有者は契約前に売主であるため、売主が地盤調査を許可する場合には、調査を依頼することができます。ただし、許可を得た場合は、調査費用について事前に取り決めをしておくことが重要です。後にトラブルが生じる可能性があるため、注意しましょう。

更地になった後

次に、土地購入ではなく建て替えの場合、いつ地盤調査を行うのかについて考えましょう。一般的には、更地になった後に地盤調査が行われます。もし情報を早めに入手したい場合は、既存の建物が残ったままで周辺の地盤調査を行うことも可能です。

ただし、事前に行った地盤調査後にもう一度地盤調査を行う必要があります。再調査の結果は異なる場合もありますが、事前に地盤調査を行って見通しを得ることもできるでしょう。

地盤調査にかかる時間

地盤調査には3つの主要な方法がありますが、それぞれの調査方法にかかる時間は異なります。ただし、土地の特性や調査の深さによっても時間は変動するため、一律に決まっているわけではありません。

以下では各調査方法の一般的な所要時間をご紹介しますが、予想される日数で調査が完了しない場合もあることに留意してください。また、調査結果を報告書としてまとめる作業にも時間がかかることを覚えておきましょう。

地盤調査結果を早く知りたい方や、調査期間を事前に把握したい方は、業者に直接確認することをおすすめします。

スクリューウエイト貫入試験

一戸建て住宅を建てる際に行われ、SWS試験またはSS試験とも呼ばれます。スクリューウエイト貫入試験では、通常半日程度で完了します。

ボーリング調査

大規模な建物を建てる際に行われます。ボーリング調査では、数日から数週間の期間が必要です。建物の規模によって所要時間は異なります。

表面波探査

比較的軽量な戸建て住宅を建てる際に行われます。表面波探査では、一般的に2〜3時間ほどで完了するでしょう。

地盤調査の結果はいつわかる?

基本的に、地盤調査の結果は調査が行われた日の夕方以降、または翌日にわかります。一日に複数の調査が行われる場合もあるので、業者によっては数件を掛け持ちして調査を進めているでしょう。

調査結果はそれらをまとめ、解析してレポートにまとめるため、早くても調査当日には結果がわかりますが、翌日以降になることもあります。正式な調査報告書についてはさらに時間がかかり、後日郵送で届くことが一般的です。

では、結果が出たら、どのような点をチェックすればよいのでしょうか?こちらでチェックポイントを紹介します。

換算N値

地盤の強度を表す指標である地盤25cmごとの換算N値を確認します。一般的に、数値が高いほど地盤の強度が高いことを意味します。しかし、強度が高いからといって必ずしも問題がないわけではありません。ほかの調査結果と総合的に考慮しながら、地盤改良工事が必要かどうかを判断します。

自沈層の有無

自沈層とは、地盤におもりを重ねていき、その重さでどの程度沈むかを確認することです。50Nから1000Nまでのおもりを使用します。自沈層が存在する場合、地盤の補強が必要です。地盤改良工事の必要性を把握したい場合には、自沈層の有無を確認することで大まかな見当がつけられます。

盛土がされているか

土地が田んぼや畑などである場合、土を盛っていることがあります。土を盛っていると聞くと、とくに問題はないと考えるかもしれませんが、実際には地盤の上に土が盛られている状態なので、家を建てる際には必ずチェックする必要があるでしょう。

土質の判定

土の種類は、土の粒の大きさに基づいて分類されます。粘性土、砂質土など、さまざまな種類があるのです。換算N値が同じでも、土の種類によって地盤の強さは異なります。土質に基づいて、どのような地盤補強を行うかを判断する必要があるでしょう。

東京でおすすめの地盤調査会社

まとめ

ここまで、地盤調査について説明しました。調査にかかる期間や結果の出るまでの時間は、調査の方法によって異なります。地盤調査は建物を建てる際に非常に重要であり、悪い地盤は建物の様々な要素に影響をおよぼす可能性があるのです。

通常は土地契約後に行われますが、できるだけ早い段階で行い、全体の計画を立てましょう。もし調査結果で改良が必要と判明した場合は、地盤改良工事が必要です。どのような改良を行うかを慎重に判断してください。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事