地盤改良工事とは?工法別の費用を紹介

公開日: 2023/07/20
費用

地盤改良工事とは、新築を検討している方々にとって、よく耳にする言葉でしょう。しかし、その必要性や費用については疑問を抱くこともあるかもしれません。そこで本記事では、地盤改良工事に関する必要性や費用について詳しく紹介します。地盤改良工事に関する不安を抱えているのであれば、この記事を最後までお読みください。

地盤改良工事とは何?

地盤改良工事とは、建物を建てるための土地の地盤が弱い場合に行われる補強工事です。地盤が弱いということは、地盤の安定性が低く、時間とともに地盤沈下が進行し、最悪の場合には建物の傾きや倒壊のリスクが生じる状態を指します。

地盤改良工事は、住宅やビルなどの建物を建てる際に、地盤の強度や安定性を人工的に向上させるために行われるのです。地盤改良工事の必要性は、専門の業者による地盤調査を通じて判断されます。

地盤改良工事を行うメリット

地盤改良工事の主な利点は、建物を支える地盤の強度が向上することです。これにより、地震や強風、車両の通行による振動などで建物が揺れる影響を抑制する効果があるのです。地盤改良工事によって地盤がより堅固で密度が高まるため、地盤沈下や液状化のリスクが低くなり、建物の安定性が向上します。

地盤改良工事を行うデメリット

地盤改良工事にはいくつかの欠点も存在します。そのひとつは、適切な支持層まで杭が到達しない場合、充分な強度を確保できない可能性があることです。したがって、業者の選定には慎重さが求められます。

また、地盤改良工事では土地に杭を打ち込むため、施工後の土地の復元が困難なことも欠点です。将来的に建物を取り壊して土地を売却する場合には、評価額が大幅に低下する可能性があることに留意する必要があります。

地盤改良工事の工法別のメリット・デメリット

地盤調査の結果、地盤の補強が必要と判断された場合には、建物を建てる際には地盤改良工事が必須です。地盤改良工事には、地盤の状況に応じて、大きく分けて3つの工法があります。ここでは、地盤改良工事の工法別のメリット・デメリットを紹介しましょう。

表層改良工法

表層改良工法は、軟弱地盤が深さ2メートル程度の場合に適用される工法です。セメント系凝固剤と土を混ぜて地表面を固め、地盤の均一化を図ります。表層改良工法のメリットは、地盤改良の必要な深さが浅いため、比較的低コストで施工できることです。

また、狭い道でも小型の重機で施工できるため、アクセスの制約が少ない利点があります。

表層改良工法のデメリットは、勾配の急な地形では施工が難しく、地下水位が改良面より浅い地盤や地盤下に空洞がある場合には施工が制限されることです。また、施工の品質は施工業者のスキルに依存するため、業者選びには慎重さが求められます。

柱状改良工法

柱状改良工法は、軟弱地盤が深さ2~8メートル程度の場合に適用される工法で、地盤の支持層まで掘り進め、セメント系凝固剤を注入して直径60センチほどの円柱状の杭を形成します。柱状改良工法のメリットは、シンプルな工法であり、多くの現場で使用されているため施工コストが比較的低いことです。

また、支持層が不充分でも杭の強度を調整することで対応できるため、幅広い状況で施工ができます。

柱状改良工法のデメリットは、有機質土地盤など特定の条件下ではセメント系凝固剤の固化不良が発生する可能性があることです。また、施工の品質によって沈下のリスクが高くなる傾向があります。

鋼管杭工法

鋼管杭工法とは、軟弱地盤が5~10m程度の場合に行う工法で、小口径の鋼管杭を地中深くの支持地盤まで届け、建物の荷重を支える工法です。

鋼管杭工法のメリットは、鋼管の先端部に取り付けられた先端翼が、鋼管より3~3.5倍の直径を有するため、3階建てなどの建物であっても、沈下を防止できます。また、鋼管杭工法は、鋼管が貫入したあとで地盤を乱すことがないため、高い支持力を得られることもメリットといえるでしょう。

鋼管杭工法のデメリットは、基本的には支持層がなければ、施工できないことです。また、同じ条件下では、柱状改良工法よりコストが高くなることもデメリットといえます。

地盤改良工事の工法別にかかる費用

地盤改良工事の費用は、工法や地域、建築面積、改良の深さなどによって異なります。標準的な戸建て住宅の土地面積を50坪程度、延床面積を30坪程度と仮定した場合の費用の目安は以下のとおりです。坪単価は、建物の延床面積あたりの費用を示しています。

表層改良工法

総額:30~50万円

坪単価:1~2万円

工期:1~2日

※地域や建築面積、改良の深さによって異なります。

柱状改良工法

総額:50~80万円

坪単価:2~3万円

工期:2~3日

※地域や建築面積、杭の本数、杭の長さによって異なります。

鋼管杭工法

総額:100~180万円

坪単価:4~6万円

工期:1~2日

※地域や建築面積、杭の本数、杭の長さによって異なります。

まとめ

今回は地盤改良における3つの工法とそれぞれの費用について解説しました。地盤改良工事は、地盤が弱い場合に建物を支えるために行われる人工的な補強工事です。弱い地盤のまま建物を建てると、地盤沈下や建物の倒壊のリスクが生じます。

地盤改良工事では、表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭工法のいずれかを行うのです。工法によって費用は異なり、最低でも30万円から最高で180万円程度かかることがあります。予期せぬ費用を避けるためにも、事前に地盤の調査をしっかり行うことが重要です。

また、地盤改良工事を行う際には信頼できる業者の選定も欠かせません。複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、適正な費用と適切な工事を選ぶことができます。

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事