日本基礎技術株式会社

公開日: 2023/07/20
日本基礎技術の画像

日々の生活は、当然のように利用しているさまざまなインフラ設備によって支えられています。この記事では、日本基礎技術株式会社が提供する技術が、そんな重要なインフラ設備を支える役割を果たしていることを紹介しましょう。具体的には、同社の業務内容や概要について詳しく解説していきます。

開発現場の基礎工事を専門に行う建設会社

日本基礎技術株式会社は、建設業界において基礎工事に特化した企業です。グラウチング工事やボーリング調査、物理探査、土質調査といった幅広い業務を展開。さらに、不動産の賃貸業務も手掛けています。

日本基礎技術株式会社は、研究開発にも力を注いでおり、新たな工法や技術開発に向けて日々取り組んでいるのです。常に基本的な技術を磨くことも忘れず、社会のニーズに応えるために「社会に信頼され、貢献できる会社」を企業理念として掲げ、目指しています。

さらに、日本基礎技術株式会社は「社会基盤維持強靭化」、「防災・減災対策」、「環境・汚染対策」という3つの軸を重視し、業務に取り組んでいるのが特徴です。日本基礎技術株式会社は環境への配慮を念頭に置きながら、技術開発に取り組んでいます。

その取り組みは将来的に社会にどのような影響を与えるのかと、期待されているのです。日本基礎技術株式会社の活躍によって、社会の基盤がより強固になり、防災・減災の対策が進み、環境との調和が実現されるでしょう。

インフラの整備・維持を支える技術・ソリューションを提供

日本基礎技術株式会社は、インフラの整備や維持を支えるために、さまざまな建設技術やソリューションを提供しています。ここで、いくつかの技術について説明しましょう。

Eight工法

Eight工法は、盛土沈下の予防などの目的で使用される工法です。

この工法では、撹拌装置を回転させながら改良材と原地盤を混合し、軟弱な地盤を固化します。撹拌装置には自動制御装置やオートパイロット機能、着底管理などの機能が備わっており、高品質な改良を実現するためにリアルタイムな監視や管理が可能です。

タフネスコート工法

タフネスコート工法は、コンクリートの表面に樹脂コーティングを施すことで、経年劣化による剥落を防止し、長寿命化を図る技術です。この工法は、貯水性や耐衝撃性など、さまざまな機能を発揮します。主にトンネルの補強などに利用されており、今後の展開も期待されているのです。

BG工法

BG工法は、油圧式多機能大口径削孔機であるBG機を使用する工法です。BG機1台で場所打杭や抑止杭、地下の障害物撤去などを行うことができます。BG機はあらゆる地盤条件に対応できるだけでなく、機動力にも優れた装置です。

また、近接施工や鉄筋コンクリートの撤去なども可能で、さまざまなニーズに対応することができます。

さまざまな調査手法を駆使して地盤調査を実施

日本基礎技術株式会社は、地盤調査においてさまざまな手法を駆使しています。こちらでは、その調査手法のいくつかを紹介しましょう。

地表地質踏査

この手法では、基礎地盤の地質リスクを明確にし、地質や地下水構造の情報を収集するために使用されます。ロックハンマーやスマートフォンを活用して、岩石の硬さを確かめたり、露頭の計測や記録を行ったりするのです。

ボーリング調査

ボーリング調査は、地下深くの地盤情報や地下水情報を得るために地下を掘削する作業です。さまざまなサンプリングや孔内試験を組み合わせることで、正確かつ詳細な情報を得ることができます。

原位置調査

原位置調査は、地盤の状態を評価するためにさまざまな試験を行います。地下レーダー探査や広域電気探査などの技術を使用して地下空洞の分布測定や地下地盤の分布測定を行うのです。

地下水調査

地下水調査では、地下水分布や流動形態を三次元的に把握するために活用されます。ボーリング削孔時の孔内水位変化状況や静水圧透水試験などの技術を使用して、詳細なデータを収集するのです。

孔内試験・検層

この試験では、地盤を定量的に評価することができます。ボーリング孔や孔内試験によって必要な値を取得し、地盤の評価を行うのです。地中動態観測や地下水の挙動を観察する際にも、ボーリング孔を活用して計器を埋設します。

まとめ

日本基礎技術株式会社は、インフラの整備・維持を支える技術・ソリューションを提供している建設会社です。地盤調査や工法開発などを通じて、安定した基礎工事を実現しています。

日本基礎技術株式会社は、さまざまな調査手法を駆使し、地表地質踏査やボーリング調査、原位置調査、地下水調査、孔内試験・検層などの手法を用いて地盤情報を収集。これにより、地盤の特性や地下水の状況を正確に把握し、安全かつ効果的な基礎工事を行うことができるのです。

環境への配慮や社会のニーズに応える使命を果たしながら、高い技術力で信頼性の高い建設物を構築しているので、日本のインフラ整備において重要な役割を担っているといえるでしょう。

日本基礎技術株式会社の基本情報

会社名日本基礎技術株式会社
住所〒530-0043 大阪市北区天満一丁目9番14号
電話番号06-6351-5621

【東京】おすすめの地盤調査会社比較

イメージ
サービス名ビイック株式会社地盤ネット株式会社サムシングトラバースジャパンホームシールド株式会社ジオテック株式会社報国エンジニアリング株式会社
特徴他社地盤改良工事よりも地盤改良工事判定が少なくなる。住宅地盤の調査から解析・対策・補償までの一貫サービスを提供し、不適切な工事を未然に防いで建築主の安心を実現。生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指している。測量・設計・地盤調査・地盤改良・擁壁のパイオニア。「ひとつひとつの地盤に、最適解を」この想いのもと、調査から品質保証まで、地盤にまつわるそれぞれの領域で独自のノウハウを発揮している。報告書に調査ポイントの高低差レベルを記載することで、地層の傾斜が正確に把握でき、設計段階で切土盛土の想定を容易にしている。地質調査をはじめ、水質調査、地盤改良工事、土壌汚染調査、建造物の基礎補強工事など、さまざまなニーズに対応できる体制を確立。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事